2008年06月23日

集団妊娠事件― 『14歳の母』 について


集団妊娠事件― 『14歳の母』 について

スウェーデンの性教育の本質 ― 『14歳の母』 について

お金になるSNS登場!!Yuwie(ユィエ)招待します!

最近アメリカの高校で集団妊娠事件が報道されて、その父親が誰でも良かったとしてまちかど
の20歳代の浮浪者だったと聞かされてもう一度驚かされました。
日本では、性について語るには日陰でするような風潮がある。

それが、『14歳の母』の番組にも満ちていて、妊娠が起きてから親は荒れ狂い、女の子はうろたえる、という構図になっていて、そのような状況には、あの国ではならない、ということを書いたのだった。

コンドームは、大学生用の雑誌のロゴマークにも使われているが、それは、婚前交渉を奨励しているのとは無論ちがい、もしも断れない相手と交渉をもつようなことになったならば、必須のものとして、常備するべきものとして一般常識になっていることを示しているのである。

アメリカの〈純潔教育〉と言われているもの現実と、私が知るスウェーデンの性教育の現実の結果がどう違うか、私は数字統計では知らないが、たとえば、アメリカの単語には性的にきたならしい罵り言葉が多いのに対して、スウェーデンには、性的な罵り言葉はない。

また、スウェーデン人の間以上に、性的な事柄に自由でおだやかな気持ちで接することができる集団を私は外国で知らない。

異性を真の意味で大切にする考え方を教えるのがよりよく成功していると言えるだろう。
お金になるSNS登場!!Yuwie(ユィエ)招待します!
posted by あちゃこ at 15:01| Comment(6) | 集団妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。